中学生と打った

今日初めて行った練習場で、中学から卓球を始めた1年生と練習した。
フォア打ちしようとしたら、ドライブしか打ってこないので、フォア打ち知ってる?と聞いたら、今打っているのがフォア打ちだと思っいる様子だ。これは中学で遊びながら打ってるなと思って、意地悪で色んな場所にボールを散らしてみた。
そしたらミスはするものの、常にちゃんと上下に足を動かしてリズムをとりつつ、動いてから打つ打法を使っていた。打つタイミングも自分のタイミングで打ってる。ボールが来てから動いているので、振り遅れるし、打点も下がっているのでオーバーミスが多いが、それ以外は俺なんかよりスマートにできていた。
打ち方を学校でどう教わっているか聞いてみると、

肩を動かさないで腰を動かす
肘から先を振る
ボールの少し外側を巻き込むように打つ

と教えられているそうだ。もちろん他にも色々あるだろう。
他の面はどうか観察するために、オールラウンドで打ってもらった。

・レシーブ
レシーブの突っつきは、動き出しが早く、第二バウンド直後をついてくるので、低くて切れて返ってきた。ただ全部ロングで返ってきてドライブしやすかったので、ストップを教えたら、初めて聞いいた風な反応にもかかわらずすぐに実行できていた。

・サーブ
基本ロングサーブだが、コース、回転の種類はけっこうあった。
ラケットで弾いてから第一バウンドまでの時間が短く、回転の質がわかりづらくなるように打っていた。

正直1年未満でここまでできるものなのかと驚いた。
本人はこれらを純粋にそれを遂行しているだけだと思うが、1、2年後にはそれを礎に高純度の基礎が出来上がるんだろうなと思った。学校名を聞いて調べてみたら、中高一貫で、やはりそれなりに強い学校だった。先生は何を考えどういう順序で練習させているのか興味が尽きない。

自分も学生の時に基礎をちゃんと学びたかったとしみじみ思った。

0
Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です