エボリューションEL-S試打

荒川区団体戦を1時間ほど見学して葛飾区に戻り、YクラブとKクラブの練習に参加。

はたして今日買ったエボリューションEL-Sはどうか。

 

 

 

 

 

 

とても使いやすい!

 

 

 

 

 

 

今まで使ってたFX-Sは、とても柔らかく、弾まなかったのでレシーブしやすかったんですが、スイートスポットが狭く、ミートさせずらかった。。

その前がボンバード極薄を使用していて、つっつきとチキータはしやすかったが俺の能力じゃ攻撃がほぼできなかったので、もう少しレシーブもしやすく攻撃ももう少しできるものをってことでFX-Sにしました。

ですが、今練習の9割がフォアなので、バックは正直捨ててます。

捨ててますが試合で全く使わないわけにはいかないので、下手くそでもある程度オートで返せる性能のラバーを選ぶ必要があるなと思いました。。
◼️ボンバード極薄:

・メリット

レシーブ短くできる、切れる、チキータしやすい

・デメリット

しっかり振らないと入らないので、予想外の球がきたときとか、当てるだけで返そうとした場合、基本的に落ちる。ブロック練習も自分で振らないとコントロールできない。

◼️エボリューションFX-S

・メリット

ボンバード極薄とほぼ同じことができて、ボンバード極薄より威力がある。

・デメリット

でも当てるだけだと威力不足でまだ落ちる。

◼️エボリューションEL-S

・メリット

当てるだけで返る。スイートスポット広い。かといってレシーブで飛びすぎない。

・デメリット

上記2つより飛ぶので、多少レシーブに気を使うが、十分扱える範囲。
以上の理由で今はEL-Sがお気に入りになりそうです。

バックを本格的に練習しだしたらまた変わるかもしれません。オートで返せる分しっかり振ることを覚えづらい可能性があるので。

もうすぐ発売される、androのラザンターも気になっていますが、3ヶ月は使ってみようと思います。

 

 

 

WRMのxiaさんの記事にもEL-Sの感想が書いてありました。

http://xia.diary.to/archives/49466696.html

 

 

「サーブ・ツッツキ、ストップなどの細かい擦る系のテクニックに関しては非常に良し」

と書いてあるので、概ね自分が感じてることは間違ってはいないと思います。

この記事をみるとxiaさんが使ってるMX-Pも気になってきました。

もし使用した際は比較の記事を書いてみようかと思います。

 

MX-P

Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です